スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「首相は外交下手」=徳之島反対集会で社民・阿部氏-普天間(時事通信)

 社民党の阿部知子政審会長は18日、神奈川県藤沢市内で記者団に対し、政府が米軍普天間飛行場の機能移転先として検討している鹿児島県・徳之島で反対集会が開かれたことに関し「もし徳之島に移そうと考えるのであれば、まずきちんと自治体と話す(べきだった)」と述べ、政府の対応に問題があったとの認識を示した。その上で、「鳩山由紀夫首相は外交も下手だし、詰めも甘い。首相の政治家としての真価が問われている」と指摘した。
 一方、国民新党の下地幹郎国対委員長は秋田市で講演し「(徳之島の住民の)気持ちは分かるが、沖縄は65年間安保に貢献してきた。ほんの少し役割を担ってもらわなければならない」と述べ、地元の理解を求めた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

橋下知事「大阪市長を政治的に徹底的に攻撃する」(産経新聞)
<鴻臚館跡事務所火災>連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
<東北新幹線>緊急ブレーキ作動で一時運転中止 7千人影響(毎日新聞)
園田氏「郵政民営化は守る」(産経新聞)
<掘り出しニュース>知ってる?埼玉名物「借金なし」豆腐(毎日新聞)

<日露首脳会談>鳩山首相 北方領土「帰属問題を首脳間で」(毎日新聞)

 【ワシントン野口武則】鳩山由紀夫首相は13日午後(日本時間14日未明)、米国ワシントンで開催中の核安全保障サミットの会場で、ロシアのメドベージェフ大統領と約25分間、会談した。鳩山首相は北方領土問題について「(4島の)帰属が確定した後に生じる課題は実務的にクリアされている。あとは政治レベルで解決する帰属の問題だ」と述べ、首脳間協議で4島の帰属問題を解決させたいとの考えを伝えた。会談後、首相は記者団に「政治マターで解決しようと先方の意思もいただいてまいった」と語った。

 両首脳は、6月のカナダでの主要8カ国(G8)首脳会議(サミット)、9月のロシア・ヤロスラブリでの国際会議、11月の横浜でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)の場を利用し、本格的に議論することで一致。大統領は「領土問題は難しい問題だが、自分は逃げるつもりはない。静かな雰囲気の下でじっくり協議していきたい」と述べた。首相は記者団に「トップ同士で解決するのが唯一の手段だ。3回、大いにやろうじゃないか」と意欲を示した。

 首相は領土問題と経済協力を「車の両輪」として交渉を進展させ、ロシア側が言及している「独創的なアプローチ」の具体案を引き出したい考え。両氏の会談は昨年11月のシンガポールでのAPEC以来、3回目。

【関連ニュース】
普天間移設:5月末決着…米大統領への首相の直談判不発
鳩山政権:また「学級崩壊」?…閣内に相次ぐ意見対立
鳩山首相:ガス田開発「交渉開始を」胡主席に要請
普天間移設:「5月末決着」明言 首相が米大統領に
鳩山首相:核サミットに出発 普天間、非公式協議へ

ビール類出荷、過去最低 1~3月(産経新聞)
ブルトレで九州一周!“贅沢”な旅、完売間近(産経新聞)
村本さん死因は失血死=司法解剖で警視庁(時事通信)
相鉄車掌キセル、駅員5人も不正認識か(読売新聞)
家族5人刺され、1歳女児死亡…容疑の男逮捕(読売新聞)

佳子さま、高校入学(時事通信)

 秋篠宮ご夫妻の次女佳子さま(15)は6日午前、学習院女子高等科(東京都新宿区)の入学式に出席された。
 佳子さまは同日午前7時半すぎ、付き添いの紀子さまとにこやかに談笑しながら登校。午前10時からの式に先立ち、校門前での記念撮影に臨んだ。報道陣から「おめでとうございます」と声を掛けられると、「ありがとうございます」と笑顔で話していた。 

<鳩山首相>6月訪中へ 上海万博出席、胡主席らと会談(毎日新聞)
「新聞の集金に来ました」と詐欺未遂 無職男を逮捕 小金井署(産経新聞)
仕分け第2弾、ネット生中継は1万人限定?(読売新聞)
放鳥トキ 佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり(毎日新聞)
パトカーの覚せい剤、3年前に移送の男が隠す(読売新聞)

無免許で公用車運転容疑 相模原市役所職員を逮捕(産経新聞)

 無免許で公用車を運転したとして、神奈川県警相模原南署は1日、道交法違反(無免許運転、速度超過)の疑いで、相模原市役所資源循環推進課主事、関口真佐人容疑者(30)=相模原市南区豊町=を逮捕した。

 同署の調べによると、関口容疑者は昨年11月20日午後3時15分ごろ、同区磯部の市道を無免許の上、法定速度を17キロ上回るスピードで市の公用車の軽ワンボックスカーを運転した疑いが持たれている。

 同署員が関口容疑者に免許の提示を求めると、同居する弟(28)の名前を名乗り、「今日は免許を持っていない」などとうそをついたという。出頭を求めるために先月25日に同署員が関口容疑者宅に電話をしたところ、弟が出て無免許が発覚した。

 相模原市は1日、全国で19番目の政令指定都市に移行し、市役所では式典が行われた。

【関連記事】
公用車を9年間無免許運転 札幌市「チェック不十分」
免停中も不正免許で公用車運転 “副業”で代行運転中に死亡事故
警察官、免許偽造しパトカー運転 広島
「金なくタクシー乗れず」無免許取り調べに無免許運転で出頭
免許失効のまま10日間バスに乗務 宮崎交通、判明後も公表せず

【科学】野口さん、のびのび宇宙生活3カ月(産経新聞)
新しい政治のあり方とは? ネット選挙運動、議員もユーザも熱い議論(産経新聞)
<小美玉市長選>島田氏が無投票再選 茨城(毎日新聞)
アパートの強度偽装、事前にばれて建築されず(読売新聞)
19道府県に2万2000個=廃ポリタンク漂着状況-環境省(時事通信)

両親の期待が重荷 京大病院インスリン混入の看護師(産経新聞)

 京都大学付属病院(京都市左京区)の入院患者に必要のないインスリンを投与したとして、同病院の看護師、木原美穂容疑者(24)が殺人未遂などの容疑で京都府警に逮捕された事件で、木原容疑者が「両親の期待が大きく、応えなければいけないのに空回りし、イライラしていた」と動機を供述していることが5日、捜査関係者への取材でわかった。

 投与を始めた時期については「去年の夏ごろから」と供述、府警はストレスのはけ口が患者に向いた理由について追及する。

 捜査関係者によると、木原容疑者は自らの看護師としての実力を「実務的には同僚に比べて劣っていた」と自己分析。「後輩を指導しなければならないのに、実力が足らずに焦っていた。友人も少なく発散場所がなかった」などと供述をしているという。

 府警は3月、担当する女性患者(94)の点滴に、治療に不要なインスリンを投与したとして木原容疑者を逮捕。木原容疑者は担当していた他の患者数人にも、強心剤や血圧を上げる薬を投与したことを認める供述をしている。

【関連記事】
京大病院インスリン事件 看護師を殺人未遂容疑で再逮捕 京都府警
高齢患者への傷害容疑で元看護師再逮捕 兵庫
「患者が感謝してくれない」 肋骨折った看護師が動機供述 
肋骨17本…院内調査は「病的骨折」 看護師、安心し犯行継続か
奈良・山本病院死亡事件 ずさんな手術、動機は不可解
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

「業務上の疾病」の伝染性疾患、介護も業務対象に(医療介護CBニュース)
死刑求刑の小泉被告に判決へ=元次官ら連続殺傷-さいたま地裁(時事通信)
対北制裁、4月以降も継続=官房長官(時事通信)
AKB48の偽造握手券出回る=少年2人「男から受け取った」-警視庁(時事通信)
チューリップ900株無残…花博記念公園でまた(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。